ドラマ

【24時間TVドラマ】相葉雅紀主演「絆のペダル」DVD&Blu-ray発売決定!

 

熊野かずこ
熊野かずこ
こんにちは♪

今年の24時間テレビのパーソナルは嵐でしたね。
今年のドラマは相葉ちゃん!

今回は伝説の自転車プロロードレーサー・宮澤崇史さんを演じます。

あらすじとキャストの紹介と、自転車ロードレースとは何なのか?とわかりやすく解説したいと思います!

追記:8/24公式サイトによるDVD&Blu-ray発売決定!

 

絆のペダルのDVD&Blu-rayの予約はこちら

【セブンネット:DVD】

【セブンネット:Blu-ray】

今までメンバーが主演したドラマ

解説するまえに、過去のドラマも紹介していきます!

 

  • 2008年第31回「みゅうの足パパにあげる」【松本潤】
    10万人に1人と言われている「ギランバレー症候群」の難病に立ち向かう男の物語。

 

  • 2012年第35回「車イスで僕は空を飛ぶ」【二宮和也】
    チンピラ同士のトラブルの末、脊髄を損傷し、車イス生活に。
    自殺を考えるほど嫌になってしまう。自分の人生を、どう切り開き、どう未来を見つめていくのか――。

 

  • 2013年第36回「今日の日はさようなら」【大野智】
    中途半端な風景。中途半端な町。
    中途半端な俺の顔。中途半端な俺の人生。
    いつか、この中途半端の繰り返しから抜け出せるんだろうか?
    そんな時に、恐ろしい病魔に襲われてしまう。

 

 

ちなみに櫻井くんは24時間テレビドラマ主演はなかったのですが…

2017年1月3日、新春ドラマ「君に捧げるエンブレム」に車椅子バスケで出演していました!

しかし!!

あれから2年経つも、DVD化されていないようです。
(てっきりあるかと思ってました…)

内容はよかったのに、なぜ映像化にしないのか原因もわかりませんが…映像化してほしい!という声が多いみたいなのでぜひDVDになってほしいですね!!

 

では、次は『絆のペダル』のあらすじとキャストです。

『絆のペダル』のあらすじ

走行距離200㎞!最も過酷なスポーツとも言われるロードレース。

宮澤崇史(相葉雅紀)は幼き頃、母と日本一を約束した。

やがてプロとなり、苦難を乗り越え、あと少しでその夢が叶う…

――そんな時、母が肝臓を患い倒れた。

母の命を守るには、生体肝移植が必要だった。

ドナーになることを決意する宮澤だが、その手術を受ける事は選手生命を失うことと同じであった。

誰もが『不可能』と言う中で、未来の自分を信じ、宮澤とその母だけは『諦める』ことをしなかった。

奇跡を起こした、実在する自転車プロロードレーサー宮澤崇史とその母の絆の物語!

 

『絆のペダル』のキャストは?

相葉雅紀(役:宮澤崇史)

走行距離200km!最も過酷なスポーツと言われるロードレース。
その世界で「ある奇跡」を成し遂げた男、宮澤崇史さんを演じます。

熊野かずこ
熊野かずこ
相葉くんは自転車の練習頑張っているそうなので
どんな姿が見れるか、楽しみですね~!

今までもドラマなどで何度か自転車に乗っているシーンがありましたが乗っているだけでもうカッコイイ…。

薬師丸ひろ子(役:宮澤純子)

宮澤崇史の母親。

  • 崇史が幼い頃に夫を亡くし、公務員として働きながら女手一つで2人の子どもを懸命に育てていく。
    忙しい合間を縫い、崇史のレースに駆け付ける。息子の活躍を全力で応援し支え続けた。
  • 母の姿が、崇史の闘い続ける「理由」となっていく。

 

波瑠(役:椎名優希)

崇史が所属する実業団チームのマネージャー。※ドラマオリジナルキャラクター

  • 性格は常に冷静沈着に見え、クールな面もあるが、実はチームのことを思い、選手のことを誰よりもよく見ていてる。
  • 選手ではない自分が「チームのためにできることは何か」と懸命に考え続ける、心優しき人物。

 

田中圭(役:新谷圭吾)

崇史の生涯のライバル。※ドラマオリジナルキャラクター

  • 若き頃から崇史と競い合うライバル。超実力派のレーサー。
  • 将来を期待とされているレーサー同士が集う合同練習にて崇史と出会う。そこで、ペダルを回し続ける崇史に興味を抱く。

 

熊野かずこ
熊野かずこ
田中さんも出演されると聞いた瞬間、思わず興奮しちゃいました…相葉くんと田中くんの共演が楽しみですね。

 

NEW!高橋泰平(役:中高生時代役)

宮澤崇史(相葉雅紀)の中高生時代役。

なにわ男子/関西ジャニーズJr.

2014年11月23日にジャニーズ事務所に入所。

初めてのドラマ出演はこの『絆のペダル』だそう!

 

NEW!藤井隆(役:荒川将也)

少年時代の崇史が初のロードレースで出会い、大切なアドバイスをくれるレーサー役。

NEW!酒井若菜(役:宮澤妙子)

崇史の姉役。

NEW!青山学院大学駅伝監督の原晋(役:全日本チャンプの指導者役)

崇史を厳しくもプロとしての在り方を教える、全日本チャンプの指導者役。

熊野かずこ
熊野かずこ
相葉さんについて素敵なコメントをしてくれていました!

出演が発表される日まで、オファーをいただいたことが信じられませんでした。未だドッキリかなと思っています(笑)本作への出演を通して、監督は選手の心の拠り所となることを改めて感じました。
撮影では、NG連発で通常の収録の5倍くらい時間を要してしまいましたが、相葉さんは『監督、大丈夫ですよ』と笑顔で声をかけてくれて大変感謝しています。多くのファンに愛されている理由がわかりました。私も大ファンです!

公式サイトのコメントより

 

 

ムーン
ムーン
そういえば、自転車ロードレースってなんだろう?

 

熊野かずこ
熊野かずこ
じゃあ、ここで少しだけ簡単に説明するね!

 

自転車ロードレースとは?

一般公道などで100kmも超える、長距離を走り、先頭でゴールラインを駆け抜けた者が勝者となるエンデュランススポーツです。

熊野かずこ
熊野かずこ
エンデュランススポーツは、持久力(じきゅうりょく)と言われていて、スポーツ科学は持久力を疲労に抵抗する有機体の能力と考えるという意味なんだって
ムーン
ムーン
うわぁ~100kmも走るなんてすごいなぁ。

 

始まったのは100年以上前の歴史!

実は自転車ロードレースの歴史は深いのです。

第1回のツール・ド・フランスが開催されたのは今からなんと100年以上前の1903年!
ツアー・オブ・ジャパン(日本で開催される大会)についても、国際サイクルロードレースの第1回大会が1982年に開催されており、すでに30年を超える歴史があります。

ルーナ
ルーナ
ちなみに箱根駅伝がはじまったのが1920なの。

自転車ロードレースの歴史の重さを感じるわね!

 

個人競技でありチーム戦でもある

ルールは、100名を超える選手たちが一斉にスタートして誰が一番はやくゴールにたどり着くかを競うシンプルな個人競技ですが、実際には各チームが自チームの中で一番力のある者を勝たせにいくチーム戦となっています。

ルール上では個人競技、しかし実態はチーム戦というのがこのスポーツの大きな特徴なのです!

おそらくですがドラマでもそういうシーンがあると思われますね。
てっきり1人で戦うかと思いましたが、友情もありそうですね。

 

自転車ロードレースにおける成績の価値基準は

「自分のチームから優勝者をだすこと、もしくはそこに近い順位を獲得すること」

ですので、たとえばの話で1チーム6名で参加し、チームから優勝者がでれば他の5名がその勝者をサポートする過程で力尽きてリタイアとなったとしても、そのチームの評価は最高ランクのものとなります。

逆に、6名全員がレースを完走しても、チームの最高成績の選手が下位であれば、そのチームの評価は低いものとなってしまうのです。

 

熊野かずこ
熊野かずこ
まさにチーム戦の体力、信頼のみどころですね…!

これを知ると、ますますドラマを見るの楽しみになりそうです~♪

 

公式サイト、SNS

下記のリンクから飛べます!

公式サイト「絆のペダル」

Twitter公式アカウント「絆のペダル」

 

おわりに

以上、2019年の24時間テレビドラマ「絆のペダル」のあらすじとキャストでした。

放送されるまであと1ヶ月ほど。楽しみです!

読んでいただいてありがとうございました!

 

ご意見やご感想がありましたらぜひお聞かせください。